1. 地域に支持される歯科医院にU Dental Clinicトップ
  2. インプラント[審美・矯正治療]

インプラント

U Dental Clinicでは、失った歯の機能を回復させるインプラント治療に対応しています。
「入れ歯が使いづらい」「よく噛めない」「歯を削りたくない」などの状況を改善してしっかり噛めるようにしていきます。また周囲の歯に負担がかからないので他の歯の寿命を短くしてしまうこともありません。

当院では歯科用CTの設置をしており、インプラント治療を希望される方には必ず撮影をさせてもらった上で、診査・診断後にきちんとご理解頂けるようカウンセリングを行い、安心・安全な治療を提供していきます。
インプラントはきちんとケアを続ければ20年30年と半永久的に使用できます。
患者さんの多くは壊れたり、歯周病でダメになることを心配される方もいらっしゃると思いますので、当院では長期保証(10年)を行っていますので、安心して治療を受けて頂けるように努めています。

インプラントのメリットとデメリット

インプラント治療の強みは、義歯をしっかり固定できることです。インプラント治療では、残っている歯を削ったり、残っている歯に義歯を安定させるための装置を付けたりしません。残っている歯の負担が少ないをことも、インプラント治療の利点です。

メリットデメリット
しっかりと強く咬める噛む感覚が自分の歯と違う
自信を持って笑うことができる治療期間が比較的長い
左右でバランスよく咬める状況により見た目がご自身の歯と異なることもある
取り外す面倒がない食べ物が詰まりやすくなることがある
食物をおいしく味わえる他の歯が抜けて義歯を入れる場合、インプラントに不用意にフックをかけるとインプラントにダメージが加わることがあるため、義歯のデザインが制限されることがある
自分の歯にかかる負担が減って長持ちする外科処置に伴う痛み・腫れ・出血・合併症の可能性がある
歯ごたえある食物の食感が楽しめるお手入れ次第で感染することがある
隣の歯を削る必要がない治療費が比較的高額
発音が安定して会話を楽しめる
インプラントはむし歯にならない
見映えよく仕上げることが可能

インプラント治療には、全身状態がよくないとうまくいかない、治療期間が長め、治療費が高額といった弱みがあります。インプラントは骨と強くつきますが、粘膜とはあまり強くつかないため、天然の歯に比べ感染に弱いことも欠点です。さらに、インプラントをしたい場所に骨が十分ないと、治療が難しくなることも欠点です。インプラントが抜けたり大きく壊れたりした時に、修理が難しいこともあります。
治療が終ったあとのメインテナンスをしっかりしないと長持ちしません。

インプラントとは?

一言で表すと、歯の根っこから頭までを全て人工物で置き換える方法です。抜歯をして歯が無い方や今後抜歯が必要な方が適応となります。
インプラントとは顎の骨にチタン製の歯根(インプラント体)を埋め、その上に新しい土台(アバット)と歯を作る(上部構造)という方法です。
チタンはアレルギーを引き起こす確率が低く金属アレルギーの方でも使用できます。

治療手順は?

治療方法については症例によって異なりますが、

  • 1次オペ(1・2・3):インプラント体を骨内に埋めていきます。
  • 2次オペ(4・5):歯茎の形を整えるためのキャップを取り付けます。
  • アバットメントの型どり、上部構造完成(6):かぶせ物を作るための型どりを行い、上部構造を作成して固定させていきます。

骨とインプラント体が結合するまで待機期間があり、そのためインプラント治療は治療期間が長くなるデメリットが発生します。

  1. 1麻酔をかけてあごの骨にインプラントを入れる穴をあけます。
  2. 2穴のなかにインプラントを埋め込みます。
  3. 3インプラントがあごの骨と結合し、固定される期間を置きます。(3ヶ月〜6ヶ月と個人差があります)
  4. 42回目の手術でインプラントを露出させます。
  5. 5アパットメントをインプラントに装着します。
  6. 6クラウンをアパットメントにかぶせて完了です。

症例

42歳 男性

「右下の歯がないので相談したい。なるべく自然な状態で治したい」とのことで来院。Br、入れ歯、インプラントの説明を行いインプラントの選択をされたケース

もともと歯ブラシの状態があまりよくなくなかったので、クリーニングとブラッシング指導を行い、その後インプラントの処置を行った。 「全然違和感なくしっかり噛めるし、ずっと放置してしまっていて心配だったのですがしっかり治ったので安心しました。」とおっしゃっていました。 今後はもうインプラントをしなくて済むように、むし歯のリスク管理とインプラントのメンテナンスをしっかりして頂けるとのことでした。