1. 地域に支持される歯科医院にU Dental Clinicトップ
  2. むし歯治療[一般治療]

むし歯治療

むし歯治療について

U Dental Clinicではむし歯治療を行った後の予防と大切さを皆様にお伝えしていきます。
むし歯治療は進行状態によって回数、費用、見た目など変化します。健診にて早期発見、早期治療で健康な状態を保ちやすいようにフォローしていきます。
痛みが出てから治療をすると重篤化していることが多くなっていますので、これを防ぐことがお口の健康への近道だと考えています。
また、審美的・機能的でより調和した治療も可能ですのでご相談ください。

むし歯の原因

むし歯は歯に付着したプラーク(歯垢)の中に住み着くむし歯菌が原因の感染症です。この菌が活動するときに「酸」を生み出し、その「酸」によって歯が溶かされむし歯となります。
むし歯には、歯の質・食べ物・菌・時間が関係していると言われています。
皆さま1人1人のライフスタイルによって環境に違いが出ます。
原因と追究し、それぞれに合った予防の方法を行うことが効果的です。

むし歯の進行

C0: ●初期むし歯(C0)

まだ歯に穴はあいていないが、表面が溶かされてツヤがなくなり、白く濁って見えたり薄い茶色になったりします。

症状痛みなどの自覚症状はない。

※この初期むし歯の状態であれば、「再石灰化」によって健康な歯に戻すことができます。再石灰化を促進するフッ素※配合ハミガキ剤で健康な歯を保ちましょう。

C1:●エナメル質のむし歯(C1)

歯の表面(エナメル質)の限られた狭い範囲に穴ができている状態。初期のむし歯

症状痛みやしみる感じはない。

※ほとんどの場合、保険適応でも白い詰め物で治療可能で1回で治療が完了します。

C2:●象牙質まで進んだむし歯(C2)

むし歯が歯の内部に広がり、象牙質まで進んだ状態。中程度のむし歯

症状冷たい飲食物で痛みを感じる。

※大きさや深さ、形によってC1と同じやり方で治せる場合と、詰め物の型どりをして治していく(通院2回)場合があります。

C3:●神経まで進んだむし歯(C3)

むし歯が神経(歯髄)まで進んでいる状態。重度のむし歯
表面の穴は必ずしも大きくなく、内部で広がっていることがある。

症状激しい痛みがある。

※根の治療や土台の治療、かぶせ物の治療等が必要をなり治療回数が多くなり、歯の寿命も短くなる傾向が強くなってしまいます。

C4:●歯根だけ残ったむし歯(C4)

歯冠部(歯ぐき〈歯肉〉から上の見える部分)がほとんど崩壊し、歯根だけ残った状態。末期のむし歯

症状神経(歯髄)が死んでしまい、痛みを感じなくなる。

神経(歯髄)が露出し、細菌に感染すると、根の先に膿が溜まったり、痛みが起こったりすることがある。放置すると全身の健康を害する病巣となるが、この状態になると治療は困難になる。 ※最悪の場合、抜歯が必要となりその後の治療も大がかりになることがある。

治療例1 22歳(女性)元スタッフ

5年くらい前に他院で治療を行った銀歯が、見た目が気になることと、矯正治療を検討中でむし歯が疑われる銀歯を除去して直接白い材料(レジン)で形を整えながら治した症例。1日で2本の治療が完了した。

治療後“そこを治したか全然わかんないですね”と言ってくれました。
銀歯の中は感染がすすんでおり、感染状況と除去後の歯を見比べてもらいました。症状がなかったこともあり、銀歯の下のむし歯に本人も驚いていましたが早いタイミングで治療できたことを喜んでいまいした。

治療例2 50歳(男性)

むし歯で歯が欠けたと来院。かなり大きなむし歯であったがむし歯を完全に除去しC2であることがわかった。
歯の崩壊度合いが強かったため、型どりを行い自由診療ではあるがセラミックの白い詰め物を作成した。

“こんなに大きく欠けてびっくりしたけど長持ちする材料を使って治せたのでよかった”とおっしゃっていました。幸いにも根の治療は必要なく予防性の高い治療を行えた症例ですのでぜひとも、今後のメンテナンスで良い状態をキープして長い間使ってもらいたいと思います。